旅行先の文化を予習する

海外旅行でよくあるトラブルは、文化の違いが原因で起こるものが多くなります。例えば、チップを渡す文化がある場合や、レディファーストがマナーとして捉えられている地域は多くありますよね。また、日本国内よりも喫煙に対して厳しい国があり、最悪の場合、罰金や入店禁止になる可能性も否定できません。したがって、どんな文化があり、どのような行為がマナー違反なのかを事前に勉強しましょう。旅行サイトやガイドブックにはこれらのマナーを特集している記事が多くあります。とても参考になるので利用してみて下さい。また、同じ国に旅行したことのある友人からアドバイスをもらう方法も効果的です。実際の経験談として、本にも載っていない注意ポイントを教えてくれる可能性もあります。

防犯対策はしっかり準備していく

そして防犯対策も忘れてはいけません。一部の国では旅行客を狙った盗難が多発している地域があります。このような地域を旅行する場合は、防犯グッツや盗難対策の方法をあらかじめ知っておくと効果的です。特にポイントなのは、ひったくり対策になります。ひったくりを防止するためには、カバンの持ち方に気をつけましょう。ショルダーバックのように、一方向にかけるバッグは、リスクが高くなります。出来るだけ背中よりも前側に荷物を抱え、2点か3点で身体に固定することが大切ですよ。 今回紹介したように、初めて海外に旅行する方はこれらのポイントをしっかり把握してから旅行しましょう。トラブルを回避することで、楽しい旅行を過ごすことができます。