ホテルと旅館の違いは何か

旅行をするときには宿泊先を選ぶことになる場合が多いですが、そのときにホテルか旅館かで迷うことは珍しくありません。漠然とホテルは洋風、旅館は和風と考えてしまっている人もいるかもしれませんが、法律上で分類されているので実は厳密に境界線があります。細かな条件を列挙していくとキリがないものの、確かにホテルは洋室を基本とし、旅館は和室を基本としています。面積や設備などにも細かな規定がありますが、洋風と和風という分け方で漠然と考えていてほとんど問題はありません。どちらの方が好みかでホテルか旅館かを選ぶようにしましょう。施設としての充実度はホテルか旅館かの違い以上にホテル同士、旅館同士での差が大きいので違いは和洋の方向性と考えるのが無難です。

サービスにも影響する和洋の違い

ホテルと旅館で洋風、和風に分けられるのは見た目だけではありません。サービスの内容にも和洋の違いが反映されやすいので気をつけましょう。洋風の場合にはあくまで独立した個人として迎え入れることを重視し、部屋の中はプライベートスペースとして位置付けて基本的には介入しない姿勢を取ります。それに対して和風の場合にはおもてなしの心意気を持っているのが通常であり、部屋に訪れて挨拶をしたりお茶を淹れたりするのが上等なサービスとして認識されるのです。このようなサービスの違いについても好みがあるのでどちらが良いかと考えてホテルか旅館かを選ぶのが大切になります。食事にも部屋食を基本とする傾向があるのが旅館であり、レストランを利用するのがホテルという傾向があるので留意しておきましょう。